2010年09月09日

気合入れて消毒しんと.....

次の日トンちゃんが学校から帰ってくると、またお父さんたちが難しい顔をしていました。
 昨日と同じようにトンちゃんは、ふすまの陰に隠れました。
「木原のじいさんとこも出たかい、こりゃ広がっとよ」
 木原さんも、ウシの育て屋さんです。しかも昨日の野崎のおじいさんのところより、トンちゃんちに近い場所です。
「気合入れて消毒しんと、たまらんちゃがこつなんね」
「薬ば足りんちゃ。農協やら県やら、ありったけ出してくれちょるけん、ほんでもなんぶも無かとよ」
「通っちょる車ば、前は片っ端かい消毒しちょっけん、今はワシらウシやブタ飼っとるもんだけっちゃ。どんげすか」
 大人たちが口々に言うのを聞いて、トンちゃんはとっても心配になってきました。
 消毒薬が足りなかったら、病気がもっと広がることくらい、トンちゃんにだって分かります。そうしたら、トンちゃんの家にだって来てしまうかもしれません。
「ともかく、消毒するっちゃ。道路に石灰だけでん撒くっちゃね」
「じゃがじゃが。広がっよーねぇ、えれこっちゃなっとよ」
「はよいっせ。薬ばもらってこんと」
 どこに行けば消毒薬をもらえるのか、それがどのくらいあるのか。そんな話をしながら、おじさんたちは帰って行きました。
 さらに二日もたつと、学校へ来ない子が出始めました。
 みんながウワサしています。
「原田ん家のウシ、かかったとよ。ほんでよそに広がらんごつ、学校ば休んぢょっと」
「どげんすか。おい、あいつば触っちゃっとよ」
「おいのウシも、病気ばなっと?」
「ブタだのウシだの、ひづめが二つに割れてるモンが、かかっとよ。じゃけん、イノシシもシカもかかっとよ」
 病気はどんどん広がってるようでした。
 日に日に石灰が撒かれた真っ白な道が増えて、通れないところも増えていきます。今日はあそこが、昨日は向こうが、そんな話ばかりです。
「いつ止まるとよ……」
「前んときゃ、国ばあげに早よ動いたっちゃ。そこらじゅう、車ば薬撒いたとよ。検査もすぐしに来たっちゃが」
「医者さん足りんと。じゃけん、医者さん来るまで病気ばウシ生かしちょるとよ。ほんでウシば足だの血だらけで、よう立てんしエサも食えんようなって、地獄じゃ言うとっと」
「ひでぇこっちゃ……」
 血が出て傷になってるとろが痛いのか、ウシたちはずーっと鳴いているのだそうです。
 誰もが心配で、口々に言い合います。
「国の役所から、なして何も来んと?」
「テレビ、なんで何も言わんと? 前んときゃ、最初から毎日うるさいほど言うとっちゃが」
 そうは言っても、病気は止まってくれません。何とかしなければ、どこのうちのウシもブタも死んでしまいます。
「どんげかせんと」
「お酢、ウシだのに撒くといいとよ。撒いてみっか」
「ほんなら、おいとこにもあるとよ。帰って撒くっちゃが」
 みんな必死です。
 本当は消毒薬が必要なのは、みんな分かってます。けれど手元に、なかなか必要な量がないのです。
 「効果がある」とちょっとでも聞いたものは、みんな試しました。石灰はもちろん、お酢、漂白剤……農薬要のヘリコプターで、お酢を撒くところまで出ました。
 でも、止まりません。
 だってそうです。必要なのはお酢じゃなくて、大量の消毒薬なのですから。それにウシの始末も、ぜんぜん追いつきません。だからどんどん広がるのです。
 誰もが心配で心配で、夜も眠れません。
 今日は無事だったけど、明日はどうだろう。明日が大丈夫でも、明後日はダメかもしれない。毎日そうやって、怖くて押しつぶされそうな気持ちで、消毒してるのです。
 そんな中、お父さんがトンちゃんに言いました。
「トン、われ明日かい学校ば休むね。病気、持ってきたら困るけん」
 仕方なく、トンちゃんはうなずきました。
 学校へ行かなかったら、友達と会えません。それどころか、用事がなければ家からも出られません。いくらゲームがあったって、それじゃつまらなくて死んでしまいそうです。
 でも、ブタは大切です。ブタを売ったお金で暮らしていることくらいは、トンちゃんにだって分かります。
 もしそのブタが、病気で全滅してしまったら……ゲームどころじゃありません。
 だからトンちゃんはうなずいたのでした。
「すまんの、トン」
「ええよ」
 トンちゃんの頭を、お父さんがガシガシと撫でました。そしてトンちゃんの髪の毛が、石灰で白くなりました。
「やいや、頭しりーなったっちゃ。トン、風呂ば入って洗うとよ」
「じゃけん、まだ出来とらん」
 お父さんとトンちゃんは顔を見合わせて、久しぶりに笑いました。
「ほんじゃ一緒に入るとよ」
 そう言ってお父さんがお風呂をわかしに行こうとしたとき、玄関で声がしました。
「おとん、おかん、おるとよ?」
「兄ちゃん?」
 びっくりして玄関へ駆け出すと、たしかに遠くの大学に行ってるはずのお兄さんが居ました。
「どんげしたとよ」
「ウシば病気ひどかけん、手伝いに来たとよ。人手要るっちゃろ?」
 言ってお兄さんが、荷物と一緒にあがりました。
「TVもなんも言わんと、よう分かったっちゃが」
 お父さんに訊かれて、お兄さんが答えます。
「ネットじゃ。TVばホントごつ言わんけん、アテんならん。じゃけん、ネットなら分かるっちゃ」
 お兄さんはコンピューターが得意だから、インターネットでいろいろ知ってるようです。魔法みたいですごいなぁと、トンちゃんは思いました。
「家ば、まだプロバ繋がっとっと? ほら、ネットんアレっちゃ」
「ようわからんきに、いんたーねっつはそのままじゃぁ」
 お父さんの言葉に、お兄さんがうなずきます。
「ネット使えんごつなっとったら、どんげかしよか思ったっちゃ。パソコンば繋いでくるとよ」
 お兄さんが、自分の部屋へと向かいます。
「ケンも帰ってきたけん、頑張らんとじゃー」
そんなことをつぶやきながら、お父さんはお風呂を沸かしに行きました。
蟻力神
三便宝


同じカテゴリー(経典小説 )の記事
 苛立ちのような感情は (2011-01-17 09:34)
 子どもは望めない中国の上海人 (2010-11-02 11:45)

Posted by zhoufangfang at 11:34 │経典小説

QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
zhoufangfang
zhoufangfang