2010年08月31日

職場によっては余儀なく異動や転職したりするようなケース

トイレに何回も行くのは、まわりの目も気になるもの。ところが「行ってはいけない」と思うと、よけいに行きたくなることもあります。あまり過敏になってしまうと、かえってストレスになりますから、気にせずトイレに行きましょう。体に疲れがたまっていると、腎臓などの機能も弱っているので、自然にトイレに行く回数もちがってくるものです。トイレに行ったあとは、水分をじゅうぶんに補給することで、体の浄化をたすけましょう。
トイレが近いだけじゃなく、尿を出す前や排尿時または出したあとに不自然な痛みがあるようなら、病気の疑いがあります。尿を出す前だったら尿道炎、排尿時または出したあとだったら膀胱炎かもしれません。またもし尿に甘いニオイがあったら糖尿病かもしれません。ほかに発熱などの症状はないかチェックして、産婦人科か泌尿器科のお医者さんに相談しましょう。
過活動膀胱の症状があると、外出先ではトイレの場所を確認しないと落ち着かなかったり、夜間の頻尿で睡眠不足になったりと、日常生活にもさまざまな弊害が出てきます。尿意が我慢できないため、旅行など、人と一緒に外出することをためらい、引きこもりがちになったり、職場によっては余儀なく異動や転職したりするようなケースもでてきます。患者さんの生活の質に影響を及ぼすことは多いのです。
膀胱炎にならないためには、とにかくトイレは我慢しないこと。女性に多い理由のひとつとして、恥ずかしくてトイレに行くことを言い出せなくて我慢してしまうこともあるようです。尿意を感じたら、我慢しないですぐに排泄することが大事です。それから、水分はたくさんとること。さらに、陰部を清潔にすること、セックスのあとはトイレに行くということが、膀胱炎になりにくい秘訣のようです。ただし、同じような症状でも膀胱がんなどの悪性疾患の場合もあるので、抗生物質を飲んでも治らないようなら、泌尿器科で診てもらいましょう。女性の場合は更年期障害の症状としておきることもあるので、婦人科を受診するのもおすすめです。
気になる症状については、一人で判断をせず、お近くのクリニックまたは病院で検査をして下さい。専門家の意見や判断をあおぐことをおすすめします。
VigRx Oil
蟻力神  


Posted by zhoufangfang at 15:30健康対策
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
zhoufangfang
zhoufangfang