2011年01月17日

苛立ちのような感情は

この春からパート先をIT関連会社にした。
 フルタイム勤務することは夫の理解を得られなかったのだ。
 以前の勤め先は薬品の卸会社で、帰宅が不規則になったことで、夫から半日のパート先を見つけろと言われたのだった。

 ・・・・・・夫と中学生の子供が2人の4人暮らし。
 夫は自営の建設業で45歳、大手の下請けをやっていた。
 不景気で業績は芳しくなかったが、生真面目に仕事をしていた。

 恵子は39歳、40歳という不惑の年齢を前にに焦りを感じていた。
 オンナとしての「秋」を感じないではいられない日々を送っていた。


 薬品の卸会社を辞めてから1ヶ月余り・・・
(午後から家に居るから、それだけで安心してるわ!帰りが遅いときはうるさく言っていたけど・・・毎日家に居たって・・・)
 お昼にパートから帰って夫の昼の食事の支度をし、その後は、主婦としての家事をこなす毎日に、恵子は倦怠感と言葉では表現できない焦燥感に包まれていた。
(家に縛られた奴隷でもなければ、便利なお手伝いさんでも無いわ!夜の夫婦生活だって無いし、わたしって一体何?)
 恵子は薬品会社に居た日を思い出さずにはいられなかった。
 今の恵子の苛立ちのような感情は、薬品会社に居た日に起因していたのだった。
「栗本さん、今日、残業をお願いできますか?」
 総務課長の岡田が恵子に問いかけた。
「はい。そんなに遅くならなければ・・・」
「大丈夫!栗本さんなら早く片付けられますよ」
 定時に帰れる日が少なくなっていた。
(また亭主に文句言われそうだわ・・・)

 まもなく定時が過ぎ、岡田から資料作成の指示がきた。
「ここのところ皆に無理を言ってて・・・悪いですねぇ~今日は栗本さんだけ残業になってしまい、申し訳ない」
「仕方ないですよ、課長。仕事ですから」
「今日は社内に2人だけになってしまうので、外部から不審な人間が入ってこないよう戸締りを確認してきます。栗本さんは安心して仕事をしていてください」
 そう言うと、岡田は総務室から出て行った。
(えっ!そうすると・・・課長と2人きりってこと?)
 恵子は少し緊張感のようなものを感じたが、気にしないで仕事を始めた。

 資料作成が大方出来上がってきた時、岡田が恵子の傍に来た。
「どうですか?」
「えぇ、ほとんど・・・」
「そうですか、それは良かった。それにしても、栗本さんの肌はキレイですね。傍で見ると、顔も美人だけど、それ以上に肌がキレイだ」
「えぇ~っ!課長、冗談がキツイですよ~もう40歳が目の前のオバサンに、何を言ってるんですか?」
「いや、冗談じゃなく本当ですよ!スラリとしてスタイルもいいし、旦那さんが羨ましいなぁ~」
「とんでもない!うちの亭主に言わせれば、『もっと肉を付けてくれないかな~抱く気も起こらないよ!』いつもそんな風に言われてるんですよ。やっぱり男の人は皆、グラマーなオンナの人が好きなんですね」
 夫からいつもそう言われていた恵子は、スタイルには全く自信が無かった。
 自然と夫婦関係も無くなり、恵子は性欲を失っていた。
(仕方が無いわ・・・昔から細いし・・・セックスなんてつまらないわ)
「そうかなぁ?僕は細身の女性の方が好きだけどなぁ~あまり大きな胸なんか、好きじゃないから・・・」
「そうなんですか?珍しいですね~」
「栗本さんは肌もキレイだし、最高だと思うけど・・・ご主人さん、どうして・・・?勿体ないな~」
「課長のお宅はどうなんですか?」
「うちのは、子供を産んでからブクブク太っちゃって・・・もう何年も夫婦関係なんてありませんよ」
「そうなんですか~うまくいかないものですね?」
「まったく・・・」
「あれ?何の話をしてるのかしら?」
「あぁ、そうですね・・・変な話しですね!ハハハハ~」
 ふたりは顔を見合わせて笑った。
(課長は確か・・・42歳だったかな?うちの亭主とあまり変わらないのに・・・若々しいわ~仕事は出来るし、エネルギッシュだし・・・)

 恵子が溜息混じりに目の前のCRTに神経を集中していると、岡田は恵子の肢体を舐めるように視線を這わせていた。
「課長、大体終わりましたが・・・ぁっ!」
 恵子は傍に居た岡田の視線が自分に注がれていることに気づき、思わず小さな声を上げた。
「あっ!ゴメン!つい見とれちゃって」
「・・・・・・・・・」
「誤解しないで・・・セクハラだなんて言わないで欲しい。傍で見ているうちに、そのキレイな肌に触れたくなって・・・」
「えっ!・・・困ります・・・」
「栗本さんが魅力的だから・・・」
「そんなこと・・・わたしなんか暗いし・・・課長のほうこそ素敵ですよ」
「もっと自信を持って!笑顔の時の栗本さんは、本当に美人ですよ」
 夫から魅力が無いと言われていた恵子は、いつの間にか暗い感じになっていた。
(こんな風に言われたの初めてだわ・・・課長・・・)
 日頃から好感を抱いていた課長からの言葉に、恵子は内心では嬉しかったが、素直に出せる性格では無かった。
「僕ら2人って相性が良いように感じるのは、僕だけかな?」
「・・・・・・・・・」
 夫しかオトコを知らない恵子にとって、岡田の言葉は充分に恵子の胸をドキドキさせていた。
三體牛鞭 ゴメン、ゴメン。遅くなるから、早く片付けてください」
「メールで作成資料を送ります・・・」
 ぎこちない会話と雰囲気を残したまま、帰宅の途に着いた。  


Posted by zhoufangfang at 09:34経典小説

2010年11月02日

子どもは望めない中国の上海人

染色体やホルモンの異常で男性か女性かが明確に区別しにくい「性分化疾患」について、小児医療の分野で初の実態調査や診療の底上げが本格化してきた。日本小児内分泌学会は10月、過去5年間の受診者は未成年だけで少なくとも3000人に上ると公表。長年タブー視されてきた疾患にようやく光が当たり始めたが、成長後の患者への支援はなお乏しく、人知れず苦しむ人は後を絶たない。
私の主治医はこの病気を診るのが初めて。心配です子どもは望めませんか奈良県桜井市で内科クリニックを開業する岡本新悟医師(64)は性分化疾患の一種「クラインフェルター症候群」の患者から10年間で約800件のメール相談を受けた。思春期以降に気付くことの多い染色体異常の疾患で、約1000人に1人の割合で生じる。性器などは基本的に男性だが、人によっては乳房が膨らむ。ホルモンが不足し骨粗しょう症や内臓疾患になることもある。
性腺の疾患の治療に長く携わってきた岡本医師をインターネットなどで知り、九州から通院する人もいる。「治療を受けたいのに、どこを受診すればいいのか分からないという人が少なくない」と岡本医師は話す。
性分化疾患は出生後の性別判定を担う小児科でも専門医が少なく、成長後も診察できる医師はさらに限られる。患者を30年以上診てきた菅沼信彦・京都大教授は「時間をかけ患者の心と向き合わなければならない疾患のため、医師が敬遠しがちなのではないか」と指摘する。
「男でも女でもない。自分は何者なのか」。東京都内のグラフィックデザイナー(35)は男性的な発達が不十分で、小学生のころからいじめられた。20代になると内臓疾患を次々と発症。そのたびに医師らは「治りが悪い」と首をかしげたが「原因不明」「まあ大丈夫」で済まされた。
自分の体で何が起きているのか。ネットで調べるうちにクラインフェルター症候群を知り、2年前、大病院で染色体検査を受けた。思った通りだった。
病名は分かったものの、専門医が見つからない。人づてに聞いた薬を個人輸入して飲んだが、心も体も男性と女性の間を揺れ動き、頭痛や倦怠(けんたい)感が増すばかり。ネットで出会った患者仲間の情報で専門の小児科医を訪ねると「ここでは18歳以上は診られない」と経験豊富な泌尿器科を紹介された。今年5月に男性ホルモンの補充を始め、今はやっと自分を男性と感じられる。
同学会は今後も実態調査を続け、患者が直面している課題を探り支援に反映させる考えだ。しかし調査対象を小児科医に絞っているため、クラインフェルター症候群など成長後の患者は受診者の概数さえ把握できない。
グラフィックデザイナーが治療を始めて約半年が過ぎた。「随分遠回りしてしまった。何に迷ってきたのだろう」。階段を上るだけで息が切れた体は、富士山に登頂できるほど元気になった。それでも「おかしいと気付きながら、なぜどの医師も原因を探ろうとしてくれなかったのか」との思いは消えない。
専門医の一人、大阪府立母子保健総合医療センターの島田憲次医師(泌尿器科)は言う。「性分化疾患は男女どちらに決められて育っても不全感を抱いて生きていく。医療者が連携し、患者の人生を見守っていかなければならない。威哥王 販売 福源春 曲美  


Posted by zhoufangfang at 11:45Comments(2)経典小説

2010年09月09日

気合入れて消毒しんと.....

次の日トンちゃんが学校から帰ってくると、またお父さんたちが難しい顔をしていました。
 昨日と同じようにトンちゃんは、ふすまの陰に隠れました。
「木原のじいさんとこも出たかい、こりゃ広がっとよ」
 木原さんも、ウシの育て屋さんです。しかも昨日の野崎のおじいさんのところより、トンちゃんちに近い場所です。
「気合入れて消毒しんと、たまらんちゃがこつなんね」
「薬ば足りんちゃ。農協やら県やら、ありったけ出してくれちょるけん、ほんでもなんぶも無かとよ」
「通っちょる車ば、前は片っ端かい消毒しちょっけん、今はワシらウシやブタ飼っとるもんだけっちゃ。どんげすか」
 大人たちが口々に言うのを聞いて、トンちゃんはとっても心配になってきました。
 消毒薬が足りなかったら、病気がもっと広がることくらい、トンちゃんにだって分かります。そうしたら、トンちゃんの家にだって来てしまうかもしれません。
「ともかく、消毒するっちゃ。道路に石灰だけでん撒くっちゃね」
「じゃがじゃが。広がっよーねぇ、えれこっちゃなっとよ」
「はよいっせ。薬ばもらってこんと」
 どこに行けば消毒薬をもらえるのか、それがどのくらいあるのか。そんな話をしながら、おじさんたちは帰って行きました。
 さらに二日もたつと、学校へ来ない子が出始めました。
 みんながウワサしています。
「原田ん家のウシ、かかったとよ。ほんでよそに広がらんごつ、学校ば休んぢょっと」
「どげんすか。おい、あいつば触っちゃっとよ」
「おいのウシも、病気ばなっと?」
「ブタだのウシだの、ひづめが二つに割れてるモンが、かかっとよ。じゃけん、イノシシもシカもかかっとよ」
 病気はどんどん広がってるようでした。
 日に日に石灰が撒かれた真っ白な道が増えて、通れないところも増えていきます。今日はあそこが、昨日は向こうが、そんな話ばかりです。
「いつ止まるとよ……」
「前んときゃ、国ばあげに早よ動いたっちゃ。そこらじゅう、車ば薬撒いたとよ。検査もすぐしに来たっちゃが」
「医者さん足りんと。じゃけん、医者さん来るまで病気ばウシ生かしちょるとよ。ほんでウシば足だの血だらけで、よう立てんしエサも食えんようなって、地獄じゃ言うとっと」
「ひでぇこっちゃ……」
 血が出て傷になってるとろが痛いのか、ウシたちはずーっと鳴いているのだそうです。
 誰もが心配で、口々に言い合います。
「国の役所から、なして何も来んと?」
「テレビ、なんで何も言わんと? 前んときゃ、最初から毎日うるさいほど言うとっちゃが」
 そうは言っても、病気は止まってくれません。何とかしなければ、どこのうちのウシもブタも死んでしまいます。
「どんげかせんと」
「お酢、ウシだのに撒くといいとよ。撒いてみっか」
「ほんなら、おいとこにもあるとよ。帰って撒くっちゃが」
 みんな必死です。
 本当は消毒薬が必要なのは、みんな分かってます。けれど手元に、なかなか必要な量がないのです。
 「効果がある」とちょっとでも聞いたものは、みんな試しました。石灰はもちろん、お酢、漂白剤……農薬要のヘリコプターで、お酢を撒くところまで出ました。
 でも、止まりません。
 だってそうです。必要なのはお酢じゃなくて、大量の消毒薬なのですから。それにウシの始末も、ぜんぜん追いつきません。だからどんどん広がるのです。
 誰もが心配で心配で、夜も眠れません。
 今日は無事だったけど、明日はどうだろう。明日が大丈夫でも、明後日はダメかもしれない。毎日そうやって、怖くて押しつぶされそうな気持ちで、消毒してるのです。
 そんな中、お父さんがトンちゃんに言いました。
「トン、われ明日かい学校ば休むね。病気、持ってきたら困るけん」
 仕方なく、トンちゃんはうなずきました。
 学校へ行かなかったら、友達と会えません。それどころか、用事がなければ家からも出られません。いくらゲームがあったって、それじゃつまらなくて死んでしまいそうです。
 でも、ブタは大切です。ブタを売ったお金で暮らしていることくらいは、トンちゃんにだって分かります。
 もしそのブタが、病気で全滅してしまったら……ゲームどころじゃありません。
 だからトンちゃんはうなずいたのでした。
「すまんの、トン」
「ええよ」
 トンちゃんの頭を、お父さんがガシガシと撫でました。そしてトンちゃんの髪の毛が、石灰で白くなりました。
「やいや、頭しりーなったっちゃ。トン、風呂ば入って洗うとよ」
「じゃけん、まだ出来とらん」
 お父さんとトンちゃんは顔を見合わせて、久しぶりに笑いました。
「ほんじゃ一緒に入るとよ」
 そう言ってお父さんがお風呂をわかしに行こうとしたとき、玄関で声がしました。
「おとん、おかん、おるとよ?」
「兄ちゃん?」
 びっくりして玄関へ駆け出すと、たしかに遠くの大学に行ってるはずのお兄さんが居ました。
「どんげしたとよ」
「ウシば病気ひどかけん、手伝いに来たとよ。人手要るっちゃろ?」
 言ってお兄さんが、荷物と一緒にあがりました。
「TVもなんも言わんと、よう分かったっちゃが」
 お父さんに訊かれて、お兄さんが答えます。
「ネットじゃ。TVばホントごつ言わんけん、アテんならん。じゃけん、ネットなら分かるっちゃ」
 お兄さんはコンピューターが得意だから、インターネットでいろいろ知ってるようです。魔法みたいですごいなぁと、トンちゃんは思いました。
「家ば、まだプロバ繋がっとっと? ほら、ネットんアレっちゃ」
「ようわからんきに、いんたーねっつはそのままじゃぁ」
 お父さんの言葉に、お兄さんがうなずきます。
「ネット使えんごつなっとったら、どんげかしよか思ったっちゃ。パソコンば繋いでくるとよ」
 お兄さんが、自分の部屋へと向かいます。
「ケンも帰ってきたけん、頑張らんとじゃー」
そんなことをつぶやきながら、お父さんはお風呂を沸かしに行きました。
蟻力神
三便宝
  


Posted by zhoufangfang at 11:34経典小説
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
zhoufangfang
zhoufangfang